男の人

クレジットカードはランキングサイトで特徴を把握しよう

大口・低金利の融資

電卓と貯金箱

銀行や消費者金融の一般的なカードローンは、本人の信用度だけが審査されます。原則として担保や保証人が必要ないので、審査が早く比較的簡単に借りられるのが特徴です。これに対して不動産担保ローンは、不動産の価値も審査の対象に加わります。そのため審査に時間はかかりますが、カードローンに比べると遥かに大きな金額を借り入れることができます。もちろん不動産の価値が大きいほど、借入限度額も大きくなります。不動産担保ローンは確実な担保があるため、金融業者の側は貸倒れのリスクが小さくなります。ですから、一般的なカードローンより金利を低く設定することができます。利用者にとっては、それだけ返済が楽になるという利点があります。

不動産担保ローンを有効に活用する方法としては、他のローンからの借り換えが挙げられます。金利の高いカードローンなどを一つにまとめることで、総返済額を圧縮できるというメリットがあります。ただし不動産担保ローンより金利の安いローンは除外するのが基本です。このほか不動産担保ローンは返済期間が長く、計画的な資金運用ができる点もメリットです。多くの不動産担保ローンは使い途が自由で、カードローンでは禁止されている事業性資金に利用することも可能です。また担保にしている不動産は、滞納がない限り自由に使いつづけられます。ただし返済を滞納すると競売にかけられたりする場合もあるので、事業に影響しない不動産を担保にするのが望ましいと言えます。